ツレヅレ

ツレヅレ

「恒河沙」5号発行と2021年下半期のこと

✒今年も残すところ5日となりました。 毎年のことですが過ぎてしまえば、あっという間の1年でした。 北海道新聞で詩の選を担当している「日曜文芸」は今日が「下半期秀作特集」でした。 投稿者そして読者の皆さま、本年もありがとうございました。 来年もどうぞよろしくお願いします。 半年ごとの秀作特集が節目を教えてくれます。 今年後半を振り返ってみようと思い...
ツレヅレ

『北海道の詩人たち2021』(女性詩人編)発行されました

✒7月になりました。 あっという間に過ぎた半年でした。 文月、ここからの後半をがんばって前半の遅れを取り戻したいです。 ✒今日が発行日の『北海道の詩人たち2021』(女性詩人編)に私の詩篇も載せていただいています。 北見の阿吽塾から発行です。                             頒価2000円 この本の特徴は、普通...
ツレヅレ

2021年も半分過ぎました

✒6月も最終週ですね。ブログもしばらくぶりに来てみれば、なんと1月以来でした。 無沙汰にもほどがありますね。 何をしていたのやら。 あっ、紙粘土でキジバトやオオマシコなど作ったり、お手紙書いたりしていました。 どこへも行かないのに月日の経つのは早いものです。3月に昨年末に出した個人誌「恒河沙」4について、『現代詩手帖』3の詩誌月評...
ツレヅレ

2021年1月尽に

✒明けたと思ったばかりの新年も早、1月が終わります。 2021年の12分の1が過ぎてしまったのですね。 駆け足で、このひと月を振り返っておこうと思います。 ✒昨年末に個人誌「恒河沙」第4号を発行して、年末年始はその発送などで慌ただしく過ごしていました。 今号は、映画『へばの』『愛のゆくえ(仮)』『息衝く』の監督、木村文洋さんが「世界につながる窓 ー 身体...
ツレヅレ

函館市文学館で朗読でした

✒今日は函館市文学館で開催された"文学の道しるべ"「声の詩(うた)」2に参加してきました。 昨日までは、コロナ禍の開催に不安がありました。聴きに来てくださる方はいるのか、とか。マスク越しで声は通るのか、眼鏡はくもらないのか、などなど。 でも今日になって、お天気はいいし、眼鏡は曇り止めなどで準備したら気持ちが落ちついて、最悪、無観客でもしっかり朗読しようと晴れ...
ツレヅレ

10月10日 ー 佐藤泰志没後30年に

✒今年も秋色の東山墓園へ行ってきました。 わたしより先にお参りされていたかたがおられたようで、たくさんお花が供えられていました。 わたしの持って行ったお花もまぜてもらって供えました。 曇り空でしたが、泰志さんのお墓のまわりは華やいで明るく見えました。 (墓園の写真が容量を超えるとかでいくら工夫しても載っかりません。ブログの仕様が変わってオタオタしています😢あ...
タイトルとURLをコピーしました